イクラを悪く言わないで

16/01/2012 Posted by yokoha

イクラを食べるというと、必ずと言っていいほど問題にされるのが
コレステロールや脂質の高さ。
以前、あるテレビ番組ではイクラのことを「コレステロールの塊だ」とまで言っていました。

魚の卵は何でも好きですがその中でも特に鮭の卵・イクラが好き。
そんな私としては、イクラの短所ばかりを取り上げられるのは悔しい!
イクラにも優れた健康効果があることが、もっと広く知られるようになってほしいです(>_<)

イクラに多く含まれている成分は、ビタミンE。
美肌効果や更年期障害改善効果などがあるビタミンEは、女性には欠かせない成分です。
他には、ガン、動脈硬化、貧血などの予防効果もあると言われています。

また、目に良いとされているビタミンAもイクラにはたくさん含まれています。

イクラが持つ成分では「アスタキサンチン」にも注目したいところ。
アスタキサンチンはシミやシワを予防すると言われているので、
アンチエイジング効果も期待できます。

イクラが高コレステロールの食材であることは確かなことです。
でも、多価不飽和脂肪酸も豊富なんですよ。

多価値不飽和脂肪酸って何?初めて聞く名前だという人も多いでしょうね。
私も、イクラの栄養について調べたときに、初めてこの成分のことを知りました。
舌を噛んでしまいそうな名前です(^^;

多不飽和脂肪酸には、中性脂肪降下作用や脳細胞活性化作用があるそうです。
そして、不飽和脂肪酸IPAは血栓予防、DHAは脳の働きを促したり
アレルギー症状を緩和させたりしてくれるんだとか。

イクラは高コレステロールで高脂質なだけじゃなく、
こんなにいろんな健康効果があるんですよ。
それなのにそのことを知る人が少なくて、イクラ好きの私はとても残念(;_:)

Comments are closed.